バストアップ対策をする前に、知っておきたいバストの構造

212170_350

ふっくらとした綺麗なバストは女性なら誰だって憧れますよね。

形が悪いとお悩みの方や、バストアップしたいと思っている方は多いと思います。中にはサプリやマッサージなどいろいろな工夫をされている方もいるでしょう。

では何がバストの形を崩しているのか、何がバストを大きくさせるのか、ご存知ですか?対策法は知っていても、バストアップの仕組みについて知っている方はあまりいないのではないでしょうか。

バストアップしたいのであればまずバストの構造について理解すること、そしてバストアップのメカニズムについて知っておくことが大切です。

バストの構造について

kouzou300

バストは次の4つで構成されています。
・乳腺
・クーパー靭帯
・脂肪
・大胸筋

これらが女性ホルモンや成長ホルモンによって作用されてバストアップに繋がっていきます。ではこの一つ一つがどういったものでどうバストアップに関係するのか詳しくご説明したいと思います。

乳腺とは?

母乳を作り出すところです。そして形のいいふっくらとしたバストを作るのにとても重要な部分になります。バストは個人差もありますが乳腺が1割、脂肪が9割の割合で作られています。つまり乳腺が増えると脂肪の割合も増え、バストが大きくなる仕組みです。乳腺は
エストロゲンという女性ホルモンによって増え発達していきます。

クーパー靭帯とは?

コラーゲンでできた繊維の束です。乳腺を皮膚に繋ぎとめ、脂肪を支える役割をしています。分かりやすく言うと、バストが垂れないように上に引っ張り上げてくれているゴムのようなものです。ですがこの靭帯はずっと良い状態で残るわけではありません。加齢によってちぎれたり、激しい運動で揺れたりすることで伸びてしまうことがあります。そうなってしまうともう元に戻すことはできなくなります。

バストにつく脂肪

前にも少し述べましたがバストにつく脂肪は乳腺が発達することでつきやすくなります。流れやすい性質を持っているので寝ている間や間違ったマッサージなどを続けることで減ってしまうこともあります。また脂肪ですから燃焼もします。過度なダイエットはバストを小さくしてしまう原因でもあります。

大胸筋

バストの下に広がっている筋肉のことです。バストを大きくするというよりも、バストを支えて下に垂れてしまうのを防ぎ綺麗な形にキープする役割をしています。

バストの構造まとめ


バストの構造について見てきましたが、バストアップのためにはバストの構造をしっかりと意識して、ノーブラの時間を少なくする、スポーツブラやナイトブラを使用する、正しいマッサージを行うなど、普段からバストを減らさないように心がけましょう。

また睡眠不足、冷え、食生活の乱れなど女性ホルモンを低下させるような習慣をしないことがバストアップに繋がります。ペチャパイを脱出するには、バストの構造をしっかり意識して対策していくことが大切です。

ペチャパイの悩み TOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする