綺麗なバストを保つ! ブラジャーの正しいつけ方と選び方

IMG_9105_450

バストを支える下着、あなたは正しくつけていますか?

体に合った下着をつけることで実際のバストのサイズよりも大きく見せたり高く見せたりすることが可能です。

ところが体に合っていないブラジャーをつけていると大きく見えないどころか、バストは小さくなってしまいます。きついブラジャーをしているとバストが圧迫されリンパや血流の流れが悪くなり、成長しなくなってしまうのです。

また自分のバストより大きなものをつけている場合、バストの中のクーパー靭帯というものが伸びきってしまい、理想の形をキープできなくなってしまいます。バストのサイズ、形、体系などを考慮して必ず購入する前に試着することが大切です。

下着専門店ではサイズを正しく測ってくれる店員さんもいますが、そうでないところでは自分で試着しチェックするしかありません。そんな時のために、下着の正しいつけ方・選び方を学んでおきましょう。

ブラジャーの正しいつけ方

下着の女性

1.ストラップを肩にかけ、体を少し前に倒します。
2.カップにバストを収め後ろのホックを止めます。
3.前かがみのまま左手で左側のストラップを少し浮かせ、右手で左のバストをつけ根から持ち上げ右肩の方に優しく寄せていきます。
4.反対側も同様です。
5.体を起こしストラップの長さを調整します。

つけた後、体を左右にねじったり腕を上げたりしてみてください。その時に苦しかったり違和感があったりする場合は体に合っていないということになります。チェック項目をいくつか挙げておきますので参考にしてみてください。

自分に合ったブラジャーの選び方

212255_350

・カップの上が浮くorくい込む
・前部分(カップとカップの間)や脇の部分が浮くorくい込む
・ブラジャーの中に隙間ができる
・アンダー部分やワイヤー部分がくい込む
・ストラップがずり落ちるorくい込む
・動いたときに後ろが上がってくる

これらに当てはまる場合は、ブラジャーが小さいか大きい、または形に合ってないことが考えられますので注意が必要ですね。よーくチェックしてみて下さい。

バストが小さくてお悩みの方は3/4カップブラがおススメです。カップの上1/4部分が斜めにカットされており、バストを寄せてボリュームを持たせてくれます。ある程度大きさがある方は、バスト全体を包み込んでくれるフルカップタイプのブラジャーがおススメです。

もし左右のバストの大きさが違いどちらかに隙間が空いている場合はパッドでカバーするといいでしょう。ただしバストを大きく見せるために厚めのパッドを利用することはあまりお勧めできません。バストを圧迫してストレスを与えてしまうからです。

ブラジャーの正しいつけかた・選び方まとめ

いつものサイズなら大丈夫だろうと試着せずに購入してしまう方もいるようですが、サイズは同じでもブラジャーによって作りもつけ心地も違います。

ですから必ずフィットするかどうか確認して、自分の体に合ったものをつけるようにしましょう。

このひと手間がバストアップにも、バストを綺麗な形で保っていくことにも繋がりますのでめんどくさがらずにしっかりと自分に合ったブラを選びましょう。

ペチャパイの悩み TOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする