バストアップしながらダイエット! バストを減らさない食事と運動

smartphone-450

ダイエットすると胸から脂肪が落ちるというのはよく聞く話ですね。残念ながらそれは事実です。バストの脂肪は燃焼しやすい性質がありますので、お腹や足の脂肪がなくなる前に減っていってしまいます。

ですがダイエットを成功させるに豊かなバストを諦めなければいけないのかというとそうではありません。ダイエットもバストアップも同時に行うことは出来ないことではありません。

せっかく女性に生まれてきたのですから、丸みのあるバストも綺麗なくびれもどっちも手に入れてしまいましょう!

バストアップ&ダイエット 食事編

ダイエットでバストが減ってしまう大きな理由に“過度な食事制限”あります。ダイエットされてる方の多くは摂取カロリーを減らしますよね。そうするとどうしても栄養不足になりがちです。お肉を食べない、油分をとらない、こんにゃくやサラダなどの低カロリーなものしか食べないなど。栄養が足りないとバストを支える筋肉や組織が作られなくなります。

また体重を早く落とすために極端に食事量を減らし過ぎると自律神経が乱れ、女性ホルモンが分泌されなくなってしまいます。エストロゲンという女性ホルモンはバストアップするために必要不可欠なホルモンです。

まずはビタミン・ミネラル・たんぱく質や脂質もバランスよく食べることを意識しましょう。さらにバストアップの効果が期待できる食材を積極的に取り入れてみてください。

バストアップが期待できる食材

・大豆製品…豆腐、納豆、豆乳、味噌など。これらに含まれる大豆イソフラボンは体の中でエストロゲンと同じ働きをします。

・キャベツ…ボロンという成分はエストロゲンを分泌しやすくしてくれます。他にりんご、ぶどう、桃、ナッツ、とろろ昆布などにも含まれています。

バストアップ&ダイエット 運動編

ダイエットでバストが小さくなってしまうもう一つの理由に“激しい運動”があります。バストの中にはクーパー靭帯というコラーゲンでできた繊維の束があり、これがバストを引っ張り上げてくれているおかげで高い位置で維持できているのです。

ところが激しい運動をすることでバストが揺れるとクーパー靭帯は伸びたり切れたりしてバストを支え切れなくなり、下に垂れてしまいます。そうなると当然ボリュームは減りますし形も悪くなります。ウォーキングや筋トレなどバストになるべく負担をかけない運動をするといいでしょう。バストを維持する目的なら大胸筋を鍛えるのがおススメです。

バストアップ筋(大胸筋)を鍛える簡単トレーニング

メニュー1
*背筋を伸ばし、胸の前で両掌を合わせます。
*息を吐きながら10秒間強く押し合います。
しっかりと胸の筋肉を意識してください。

メニュー2
*両手・両膝を床につけます。(腕は肩幅よりも広く開き、手は少し内側へ向ける)
*そのまま息を吐きながら肘を90度に曲げ、息を吸いながら戻します。
肘を曲げて戻すときの動作はゆっくりと行ってください。

自分に合った回数でやっていくといいと思います。1日にたくさん行うよりも毎日少しずつ続ける方が効果はあります。
また体を動かすときはスポーツブラを着用しておくと揺れが抑えられて形のいいバストをキープできます。

ダイエットとバストの関係まとめ

バストアップをしながらダイエットする方法のポイントは“バランスのいい食事+バストアップ食材”“バストの揺れを抑えてカロリー消費”です!ただ痩せるだけではなく、女性らしいボディーを目指しましょう。

なるべく胸を減らさずにダイエットしたい方は、ぜひ実践してみてくださいね。

ペチャパイの悩み TOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする