恋をすると綺麗になる? 恋愛とバストサイズの関係

 恋をすると女性は綺麗になる というのはよく聞きますよね。何だかいつもと雰囲気が違う、肌がきれいになった、バストが大きくなったなど、実際恋愛をすることで女性は変わります。

バストアップをしたい方はサプリやマッサージなどの他に“恋愛する”というのも一つの方法かもしれません。ではなぜ恋愛をすることでバストは大きくなるのでしょうか。

バストアップのメカニズム


まずバストが大きくなるメカニズムを頭に入れておきましょう。バストの中には乳腺という母乳を作り出すところがあります。この乳腺が発達することによってその周りの脂肪が増えていきます。これがバストアップするということですね。

ではこの乳腺を発達させるものは何でしょう?それは“エストロゲン”という女性ホルモンです。つまりエストロゲンの分泌を増やすことがバストアップするための秘訣です。エストロゲンを増やす方法として、大豆製品を摂取する、質のいい睡眠をとる、サプリで補うなどの方法がありますが、その中の一つとして“恋愛”が挙げられます。

女性を綺麗にする4つの恋愛ホルモン


恋をしたり好きな人を見たりすると、私たちの脳内からは恋愛ホルモンと呼ばれる物質がたくさん分泌されます。それらが女性にどのような影響を与えているか一つずつ見ていきましょう。

フェニルアチルアミン(PEA)

恋をした瞬間に大量に分泌され、気分が高揚し食欲が減ります。

ドーパミン

快感物質とも言われ、ワクワクやドキドキを感じます。

オキシトシン

気分を安定させストレスや不安を軽減します。

そして4つ目の恋愛ホルモンが“エストロゲン”です。バストアップの他、丸みのあるヒップやツヤのある肌・髪、綺麗な声など、女性らしさを上げてくれます。恋をすると女性が綺麗になるのはこのエストロゲンの分泌量が増えるからなのです。
またセロトニンという満ち足りた気持を感じさせてくれるホルモンが増えると、同じ場所で作られているエストロゲンの量も増えます。

恋愛でなくてもOK


ポイントは“ドキドキ”と“満ち足りた気持ち”を感じることでエストロゲンの量も増えていくということ。なので恋愛をしていなくても、それに近い状態であればいいのです。例えば友達と旅行の計画を立てる、趣味に没頭する、恋愛映画を見る、好きなアイドルの写真を眺めるなど、精神的に満たされることなら何でもOKです。

好きな人に会う、好きなことをするなどして幸せホルモンをたくさん分泌し、エストロゲンを増やしていきましょう!バストアップはもちろん、女性としての魅力を上げてくれますよ。あなたが幸せを感じるのはどんなときですか?

ペチャパイの悩み TOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする