バストアップサプリに使われるプエラリアとは?

IMG_7965_450

女性特有の悩みの一つが“バスト”についてですね。

今やネット上でも店頭でもたくさんの種類のバストアップサプリが並んでいます。成分もさまざまです。その中で“プエラリア”という表記を見たことはないでしょうか?

このプエラリア実はバストアップが期待できる成分は確かに含んでいるのですが、その飲み方には注意が必要です。ここではプエラリアについて少し詳しく書いていきます。

プエラリアとは?

正式名称はプエラリア・ミフィリカといいます。亜熱帯地域に自生しているマメ科クズ属の植物です。根が大きな塊になっていて主にショ糖・食物繊維からできていますが、他に植物性エストロゲンとイソフラボンも多く含みます。

私たちがバストアップをするときに欠かせないのが女性ホルモン“エストロゲン”の分泌。イソフラボンはそのエストロゲンと同じ働きを体の中でしてくれるのです。プエラリアに含まれるイソフラボンは大豆の約40倍と言われています。

植物性エストロゲンも同様です。私たちの体の中で作られるエストロゲンと似た働きをしてくれることからバストアップサプリに配合されていることが多いのです。ミロエストロール、デオキシミロエステロールという種類がありイソフラボンより効能が高く、美肌、更年期障害の軽減、生理痛を和らげるなどの効果も期待できると言われています。

プエラリアの安全性

亜熱帯地域にはプエラリアに似た植物が自生しており判別が難しいとされています。本物が使われているかどうかは私たちには判断ができませんし、絶対安全とは言い切れません。

また植物性エストロゲンであるミロエストロールなどは、実はバストアップに良いとされる科学的根拠はありません。動物実験や試験管実験は行われていますが、人に対する実験ではっきりと効果が確認できたわけではないようですね。

摂取量に注意!

プエラリアの一日の摂取量の目安は200g~400gと言われています。たくさん飲み過ぎると女性ホルモンのバランスが乱れ、頭痛、吐き気、肌荒れ、生理不順などの副作用が出てしまう場合があります。摂取量は必ず守りましょう。

飲む時期に注意!

バストアップのサプリはエストロゲンを増やしてくれるものがほとんどです。ですから飲む時期・状態によってはホルモンのバランスを崩したり副作用のリスクを高めます。生理中、妊娠・授乳中、ピル服用時などは控えましょう。飲むのであればエストロゲンの分泌が多くなる生理後1週間~10日間ほどがお勧めです。

プエラリアについてのまとめ

バストケアサプリを購入する際は、まず安全性を確かめることです。商品を出しているのはどこなのか、適した摂取量が書かれているかなどチェックしてみましょう。安全性があり正しい飲み方をしていても体質に合わない場合もありますから、返品保証などがついているものの方が安心ですね。

サプリは飲み始めてから変化を実感するまでに時間がかかります。ですから過大な期待はせず、体に合っているかどうかを確かめながらバストアップ対策としてうまく利用していきましょう。

もうペチャパイとは言わせない TOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする