質のいい眠りがバストを育てる? 女性ホルモンと睡眠の関係

IMG_9937_450

バストアップには 女性ホルモンであるエストロゲンの分泌 がとても重要になってきます。エストロゲンが分泌されることで丸みのある女性らしい体になるのです。

ところがこのホルモンは生活習慣が乱れるとバランスを崩し、分泌されにくくなっていきます。食生活の乱れ、ストレス、冷えなどがその例です。中でも睡眠はホルモンバランスと深く関係していますので、女性らしさを上げようと思うなら睡眠不足は大敵です。

ここでは睡眠のメカニズムとバストアップの関係について書いていきたいと思います。

睡眠とバストアップの関係

097440-250

睡眠にも適したバランスがあるということをご存知ですか?

睡眠の質には“レム睡眠”と“ノンレム睡眠”の2種類があり、レム睡眠とは眠りが浅い状態、ノンレム睡眠とは眠りが深い状態のことを言います。この2つが交互に繰り返されるのが適した睡眠バランスと言われています。

そしてバストアップに欠かせないエストロゲンの分泌は、このノンレム睡眠の状態のときに最も活発になります。時間で言うと22時~2時までの約4時間ほど。この時間の事をゴールデンタイムと言ったりもしますよね。

つまり、この時間帯に起きていたり、浅い眠りのままだとエストロゲンは正常に分泌されません。これが睡眠不足でホルモンバランスが崩れると言われる理由です。

また寝ている間には女性ホルモンだけではなく成長ホルモンも分泌されます。成長ホルモンと聞くと子供のイメージがありますが、実は大人からもちゃんと出ているんですよ。そのおかげで寝ると疲れが取れて回復するのです。こちらも22時~2時までの間に多く分泌されます。

睡眠とバストアップについての関係をまとめると、ホルモンの力によってバストは夜に成長するのです。もちろんお肌や髪も夜寝ている間に綺麗になります。

何となく夜更かししてしまうことありませんか?

実はそれはとてももったいないことなのですね。

眠りやすい環境づくりをしよう!

困る女性

ゆっくり寝たいけど、なかなか寝付けない…、眠りが浅い、そんな方も中にはいると思います。

強いストレスや不安は自律神経を狂わせ寝付きを悪くします。寝る前の携帯やテレビも神経を高ぶらせるのであまりお勧めできません。質のいい睡眠をとるにはまず体と脳をリラックスさせてあげることが大切です。

シーツやルームウェアを肌触りのいいものにする、好みの香りのアロマや芳香剤を部屋に置く、真っ暗なのが苦手ならオレンジの間接照明を置いてみる、無音が落ち着かないならゆったりとした音楽をかけてみる、など自分に合ったリラックスできる環境を作ってみましょう。

眠気は体温が下がるときに感じるので、お風呂に入った後すぐに横になる、ベッドに入る前に白湯や温かいお茶を飲むなど体を温めてから寝るのも効果的です。

質のいい睡眠は女性らしさをぐんとアップさせます。睡眠をしっかりとり、女性ホルモンを味方につけて理想のバストを目指しましょう。

ペチャパイの悩み TOPへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする